切手に関する情報が満載!

コレクターの収集対象となる切手の銘版

切手は通常、シートと呼ばれる状態で印刷されて仕上がります。
通常切手の場合、1シートは100枚で構成されているのが一般的です。
そして、切手には「耳紙」と呼ばれる部分があります。
これは、シートの上下左右に設けられた余白部分のことです。
この耳紙のうちの1か所には、これを製造した機関の名前が印刷されています。
この部分を「銘版」と言います。
現在の日本の場合、この部分には「国立印刷局」という文字が記載されています。
ここは紙幣やパスポートなども印刷している日本の特別な機関です。
以前、この機関は別の名称で呼ばれていました。
2003年3月までは「財務省印刷局」、それ以前の2001年1月までは「大蔵省印刷局」という名称でした。
したがって、同じデザインの切手でも3種類の異なった銘版が存在する場合もあり、これを見ることでどの時期に印刷されたのか大体の目安を付けることができます。
多くの一般の人々が気に掛けることはほとんどないものですが、一部のコレクターたちはこの銘版を特別な対象として収集しています。

切手の銘版から分かる時代の変遷

ふつう、切手シートの上下左右には耳紙という余白があります。
そして、耳紙のうちの一部には、カラーマークや銘版と呼ばれるものが印刷されています。
カラーマークとは、インクの不使用がないことやその色合いをチェックするために付けられているものです。
そして銘版とは、これを印刷した場所(機関)の名前が印刷されている部分のことを言います。
コレクターの中には、これらを特別な収集対象としている人も少なくありません。
一般的に言って、耳紙に印刷されたこれらの情報は、記念切手よりも長期にわたって発行される通常切手のほうが収集価値の高いものとみなされています。
というのは、数年から数十年という長い期間にわたって発行されるものの場合、その歴史の変遷をこれらのものから確認できる場合があるからです。
例えば、かつて切手は大蔵省印刷局で印刷されており、銘版にはその名前が示されていました。
それがのちには財務省印刷局となり、現在では国立印刷局と名前を変えています。

Valuable information

Last update:2016/7/1

Copyright 2015 切手の取り扱い All Rights Reserved.